[football][voice]声優日本代表 オマーン戦ver.

GK1小清水亜美
18戸松遥
21新井里美
DF2日笠陽子
3井口祐香
4喜多村英梨
5小林ゆう
12三森すずこ
22白石涼子
23斎藤千和
MF6福圓美里
8名塚佳織
10沢城みゆき
11悠木碧
13花澤香菜
15釘宮理恵
16加藤英美里
17伊藤静
FW7水樹奈々
9竹達彩奈
14茅野愛衣
19小松未可子
20豊崎愛生

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー豊崎ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーー花澤ーーーーーーーーーーーーーーー茅野ーーーーーーーーーーーー沢城ーーーーーーー



ーーーーーーーーーーーーーー伊藤ーーーーーーーーーーー名塚(福圓)−−−−−−−−−−−−



ーーーー井口ーーーーーーーー小林(斎藤)−−−−−−−喜多村ーーーーーー日笠(三森)ーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー小清水ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回はアウェイってことでベテランを入れた選出。DF陣には緊急事態に対応できる白石を、サイドにはスピードで駆け抜ける釘宮が復帰、そして中盤の底の守りを締める福圓を招集。五輪組との融合は少し時間をかけたほうが良いのでは?と偽ザックの意向で。さらにFWでみかこしを初招集。なお、この人選にはネットでステマ枠って疑惑も。
いつもの4−2−3−1と違うのはトップ下のポジションに茅野を入れたこと。基本はトップ下気味だが、状況によっては2トップになるなど柔軟性を持ったフォーメーションに。課題だったサイド攻撃の活性化、かやのんのボールキープからの両サイドのスペースへの飛び出しという攻撃パターンが見られるか。
試合はカウンターから井口のクロスに茅野が合わせて先制するも、オマーンにペースを握られる。豊崎→竹達と交代策で打開を図るも、セットプレーから失点。ホームの観客からサイリュームが投げ込まれるアウェイの空気に飲み込まれるも途中交代の釘宮からのクロスに伊藤が飛び込み最後は竹達が決めて「神試合キター!」と絶叫。
試合後偽ザック監督は「赤い使徒、オマーエル手強かったが問題ない」と腕を組んで碇ゲンドウもモノマネをして会見場を沸かすも、当の偽ザック監督はエヴァQを世界最速で観たくてそわそわした様子だった。なお、新宿での世界最速上映分のチケットは完売したことを知らされてない模様。