[book]世界の終わり、素晴らしき日々より

世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)

世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫)

思ったよりこの作品内での世界が狭かった。
コウとチィの二人の話は面白かったが、人がほとんど消える現象の正体とか何も解決してないんですけど。そこは続きがあるのかわからないが。簡単な設定にしてるから無さそうだけど。
銃での立ち回りのシーンがメインだった、二人で旅をするシーンが少なかったのは物足りなかった。もっとスケッチブックを強調させても良かったのでは?って。
表現とかは正統派のように感じた。