リスアニが考えた2012年のアニソンシーン #LisAni

  石原プロデューサーのインタビューが無い!
この雑誌の面白さが半減しちゃったじゃないか。


びっくりしたところで、ELISAの再始動について。これって契約満了からの充電期間を経ての移籍って捉えてると個人的には納得いくけど、こう再始動って書かれるとちょっと違うよなあ。今回の件でアニプレさんが拾ったことは意外だった。付録のCD聴いてみたけど、これだと以前の疾走感のある楽曲はもう出来ないと思うけど。

さて今回は2012年のアニソンシーンを振り返る特集があったわけで。リスアニ的にははっきりと言及はしてないけど、今回の特集の一環でA-1 Picturesのアニメ作品が2012年の覇権アニメであって、特にその主題歌としてLiSAの“crossing field”が一番のアニソンであるという論調。それが正しいかどうかはわからないところだが。
あれだけA-1 Picturesが凄い!と書いてあるが個人的には今期のビビッドレッド・オペレーションはなんだか微妙で、前期までのソードアート・オンラインも何かノレないというか…そこまで面白かったかって言われるとうーん…って答えてしまう。
難しいのは嗜好と売上という名の結果が比例してないところに今回の記事の苦しみを感じたわけで。それはウチはこうです!と大きく主張しても良いと思うんですけどねえ。どうしても売上至上主義というのが引き摺っていて。

あと吉田アナのアニメタイアップをきっかけにもっとJ-POPを聴こうよ!石Pとよく似たような主張については、確かにそうだけどきっかけが掴めないこととそこまで興味が回らないって問題が。