ワールドカップに「行けたら行け!」 声優日本代表ヨルダン戦ver.

GK1小清水亜美
18戸松遥
21茅原実里
DF2日笠陽子
3井口裕香
4喜多村英梨
5寿美菜子
22三森すずこ
23斎藤千和
MF6福圓美里
8名塚佳織
10沢城みゆき
11悠木碧
12金元寿子
13花澤香菜
15加藤英美里
16阿澄佳奈
17伊藤静
FW7水樹奈々
9伊藤かな恵
14井上麻里奈
19茅野愛衣
20豊崎愛生

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー豊崎ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーー花澤ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー阿澄ーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーー沢城ーーーーーーーーーーー伊藤(静)−−−−−−−−−−−−−−−



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー名塚ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



ーーーーー井口ーーーーー斎藤ーーーーーーーーーー喜多村ーーーーー日笠ーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー小清水ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

恒例の本物の代表戦の感想だが、今までが上手く出来すぎてるわけで中東は簡単には勝たせてくれない。レーザーポインターも関係無いと思う。色々言いたいことはあるけど。
さて、代表戦の裏でラブライブと同時進行で見てた人には海未ちゃんが穂乃果にビンタしてから1点返してさらにPKって展開には三森すずこ投入で流れが変わるシナリオを作っていたが、PKを外すにこ先輩が…ってオチでした。

今回の代表は最終予選のその先コンフェデを意識したり、ここ最近の同じようなフォーメーションのマンネリ打破するための4-1-2-3の布陣をテスト。右には調子の良いアタッカーで昨年のMVPのアスミスを抜擢。中盤の3人はあえて流動的に。問題はこの3人から交代等があって解体する時には逆三角形のそれぞれのポジションを固定させるか、ボランチを厚くした4-2-1-3にシフトチェンジすることもある。CBは画伯の招集回避で千和の起用か福圓のコンバートを検討してる。
これで中盤でのコンパクトにした状態でのポゼッションからさらに幅を持たせた攻撃が出来ると考えるが、両サイドが攻撃参加して裏のスペースを突かれて中盤がカバーして3人がさらに疲弊するのでは?という問題も生じそう。3トップの両サイドがどれだけ守備をしてさらに得点に絡めるのか…。