坂本真綾 LIVE TOUR 2013 “Root of SSW”@グランキューブ大阪



3月31日に坂本真綾Root of SSWツアーに行ってきました。前回のミツバチツアーから3ヶ月後ということ短いスパンで観ることになるとは。
大阪2日目は誕生日で33才最初のライブなので通常はお祝い的なことがあるんだけど、予め「特別なことはしない」との発言があったため普通に進行していきました。そんな中でもこの日に歌えることの喜びってものは伝わってきた。
選曲はアルバム"シンガーソングライター"中心でツアータイトルにあるように原点になった曲も交えながら。

シンガーソングライター【初回限定盤】

シンガーソングライター【初回限定盤】

今回のアルバムって難しいことをしてなくてとてもシンプルで、ちょっとした懐かしさもあって彼女の良さが凝縮された1枚になってます。物足りなさはあるかもしれませんが、菅野サウンドとそれ以降のサウンドが彼女の中で咀嚼されて融合したような感じがします。7曲目の“カミナリ”と9曲目の“僕の半分”が良かったです。
ツアー中なのでセットリスト等は控えるが、今回のライブの感想は「びっくりするくらいの上級者向けの選曲でミツバチツアーから一気にハードル上げたよなあ」終わってから皆があの曲について言及したところからスタートしたからこれが真綾のライブだよ!だけど…。おお…この曲来るか!?や誕生日権限でその曲を投入しますか?って驚きが入りながら。そんな展開に気を遣ったかのようなメドレーもありましたが、ナイスなアレンジであの曲を入れなくて正解だ!とか。あと中盤で3曲使っての映像演出が素晴しかった。彼女のライブって最近は映像演出も面白くなってた。