CL決勝雑感

翌日仕事だったので時間が開いてしまったわけだが。

ドイツ勢の決勝ってどうなるかと思ったけど
・両チームのGKがハイレベルのプレー→至近距離と釣り出されたシーン以外はノーチャンス
・両チームのベンチが動かなかった→選手層の問題じゃなく動かしようのない試合展開だった

この2つが際立ってて面白かったのだと思う。ただ、誰がどう良かったか?って話になると正直うーん…ってなるわけで。オープンな展開なんだけどボールを動かしてるように見えて実は中盤で潰し合ってた90分間だったから。そういう試合に限ってゴールシーンって意外な形で生まれるのだからわからないもので。

ドルトムントは来年もこのショートカウンターとポゼッションの繰り返しながらチームを動かしていくと思う。そしてそれに順応する選手を獲れるのだから。
バイエルンはグラウディオラが来るけど来年どうするんだろうって疑問が。絶対主力と揉めそうな気がするが…