読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今年のアニサマのプレビューと五輪組織委員会はアニサマのPに開会式の演出依頼したら良いんじゃね?って話

アニソン

 

anisama.tv

時は来た!それだけだ。(違う)

今年も参加しないアニメロサマーライブのプレビューをダラダラやる季節になりました。

さっそく今年も出演アーティストを見ていきましょう。

http://anisama.tv/2016/artist/index.php

正直昨年と変わり映えしないラインナップ。どのアニメがブレイクするかわからない時代で呼ぶのも難しい。特に作品タイアップ系には。

個人的にはスフィアのピン売りで出してきたこと。行きたいけど行けないジレンマみたいなものがあったようにも捉えちゃうが。理想は4人揃って出てソロで全員出るのがミュージックレインとしたら大勝利なんだけど、現実問題ソロ活動が充実してるのがこの2人なんだろうね。この流れで次にソロで出るとしたら雨宮天でしょうね。ここまでの流れはミュージックレインも考えてるはず。

昨年BIG3が出ないことから、各日にエースとなるアーティストがなんとなくですが出てきた。3日目はangelaなんかねぇ…それはそれで時代退行と言うか。 エースの次の2番手が誰なのかが見えない。運営側からすればステージで結果出したら出てくるって考えだろうが、なかなかパワーを感じないのが辛いところ。ここを育てないと、アニソン歌手が声優に喰われるのも納得出来るようなもの。

個人的には期待したいのがイヤホンズと相坂優歌。前者は作品タイアップ終わってここからどうするんだ?って何か方向性が見れたら良いのかな。後者はあの歌唱力がSSAのステージで発揮できるのか。

藍井エイルout春奈るなinという現象

さて、アニサマの話題的にこれに触れないといけないが、こればっかりはどうしようもない。ただ2年連続ってことなのでマネージメントに問題があるのは明らかで代役も想定してたのは意図的だったんじゃないの?って勘ぐったりもする。

で、ちょっと言いたいのは

だからなんだ?

このツアースケジュールでも表に出てない体調不良だってある。それは言わないだけの話で、根性で乗り切っていたんだろうって声優プレミアムのインタビュー読んでて思ったのでそういう考えに。表に出てることを丸々信じてたりするのは考えが浅いよねえ。

エイルの問題は国内海外でのイベント以上にリリース前のツイキャスやら90年代には存在しなかった細かい仕事を入れまくってたことも大きいんじゃないかな。これが本人の希望なら何も言えないけど。

だから私がアニサマに行かないの反対は

先日コメダ腐女子の会話でアニサマを花道付近で見てゆかりん!ゆかりん!の生足って絶賛して周りの腐女子が興味を持つような会話を聞いた。あれを聞いてたらアニサマの魅力って「祝祭感」だと思う。祝祭感だけは他のフェスでは味わえないものがある。

なので最近話題?になってる散々運営に文句を垂れてるような「だから私はアニサマに行かない」の反対意見ってのはこれだと。イベント皆勤賞にはわからないし、恐らく運営側も良く思ってない。祝祭感を味わって欲しい1、2回目の参加歴の新規ファンを増やしたいのかな?って感じた。まあ、それが普通なんですけどね。

アニサマ演出の理屈が開会式にマッチしそうって思うのですが

オリンピックの開会式見てたら、五輪組織委員会はわりと真面目にアニサマのPに演出を依頼した方が良いって思った。まあ、どっちにしろやらないと思いますが。

アニサマの途切れを少なくする演出の進行形式が開会式の演出に合うんじゃないかな。どこぞの国民的ナンチャラのPより面白いものを作れると思う。

 

 

最後に今年のサプライズは話題的にAquorsなんじゃないかな?って予想はするけどAquorsが2020にどんな姿になってるのかは予想できない。