響け!ユーフォニアム2の5話が凄かったという話

ようやく我が家にテレビが届いたことで1週間のテレビ無し生活も終了を迎えたわけで。映像見れないアニメ見れない禁断症状でも出るのかな?って予想するもそんなことなく規則正しい生活で過ぎていった。

この期間のアニメはしょうがないかってなってる所にユーフォニアム5話が神回と聞いてなぜこのタイミングで壊れたんだ我がテレビと嘆き凹む。新しいテレビをカチカチしてるとなんとATーXが無料放送期間であることが判明!と言うことで見てる作品ある程度拾えてユーフォニアム2も拾えた!サンキューATーX!

f:id:rojoblanco:20161107065215j:image

さて、その5話が凄かったわけで。関西大会の演奏シーンで出来る限りの時間を使って流して視聴者の誰もが固唾を飲んで見守るようなクオリティ高さ。さすが京都アニメーションと言いたくなる。この作品ここがピークなのかな?って思うくらい。

演奏シーン以上に注目したのが部員個々が強い意志を持って挑んでいること。強い意志を持った個の集合体が組織になって演奏に表れる…って書いてたら他のジャンルにも当てはまりそうなので聞いてるか?見てる人間に血湧き肉躍らせるようにモチベーションが上がる。
f:id:rojoblanco:20161107065226j:image

あと、Cパートのみぞれ先輩の「コンクールが好きになった」で笑顔になるシーンでちょっとウルっと来た。やっぱりこれ良い最終回じゃないの?

広告を非表示にする