うどんの国の金色毛鞠第6話「東京タワー」感想:田舎者にはスカイツリーより東京タワー


f:id:rojoblanco:20161123224002j:image


f:id:rojoblanco:20161123224021j:image


f:id:rojoblanco:20161123224038j:image


f:id:rojoblanco:20161123224055j:image


f:id:rojoblanco:20161123224113j:image

原作でもこの話が1つのポイントだが、原作には描かれてなかったダーハマさんとの出会いを描いて話を膨らませた所は評価したい。まあ、原作も曖昧な感じで進んでるから。

アニメのみ視聴者にとっては宗太は会社辞めるって流れは納得出来るのか。原作だと東京戻る前に辞める決意を姉に語ってたがアニメだと辞める雰囲気無かったのにポコが体調崩してる間に決意したようにも受け取られる。悪くないけどスムーズじゃないのですよ。

原作もばらかもんふらいんぐうぃっち同様、ARIAもそうだけど田舎日常系の作品は1話の中に必ずここを見て欲しいと力入れて描くところがある。ここの話では宗太がダーハマさんに土下座するシーンと東京タワーだけど、土下座の場面がちょっと軽かったかなあ。

東京タワーの場面は気合入って描いてた。自分達の世代ではスカイツリーよりも東京タワーなんだよなあ…。